国際外交を中心にお届けする。


by ulutimagold
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

北朝鮮 核保有

【ソウル堀信一郎】北朝鮮外務省は10日、核問題を巡る6カ国協議への参加を「無期限中断する」との声明を発表した。声明は米国の敵視政策に対抗するため「自衛のために核兵器を製造した」とも明言した。これで昨年6月の第3回会合以降、中断している6カ国協議の早期再開が難しい情勢になったが、2期目がスタートしたばかりのブッシュ米政権揺さぶりを狙った北朝鮮の外交戦術との見方も出ている。
 朝鮮通信(東京)が、北朝鮮の朝鮮中央通信や朝鮮中央放送の報道として伝えた。
 北朝鮮はこれまでも「核抑止力」などの表現で核兵器保有に言及してきたが、「核兵器製造」という直接的な表現を使ったのは初めて。ただ、ライス米国務長官は10日、訪問先のルクセンブルクで「米国は北朝鮮が数個の核兵器を保有している可能性を指摘してきた」と述べ、冷静に受け止める姿勢を示した。
 声明は6カ国協議参加の無期限中断を決めた理由として、ブッシュ大統領の就任演説や一般教書演説、ライス国務長官の公聴会証言を挙げ、「我々とは絶対に共存しないということを政策化した。彼ら(米国)は『圧政の終息』を最終目標と宣布して、我が国も『圧政の拠点』と規定し、必要なら武力使用も排除しないという暴言を吐いた」と非難した。さらに「結局、第2期ブッシュ政権の本心は、第1期の時の北朝鮮孤立、圧殺政策をそのまま踏襲し、さらに強化することである」と決めつけた。
 その上で「米国が、敵視政策を撤回せよという我々の要求に背を向け、我々を敵視した揚げ句、圧政政権と名指ししながら全面否定した状況で、米国と会談する名分さえなくなり、これ以上、6カ国協議に参加できなくなった」と主張した。
 また、核開発について「米国が核のこん棒を振り回しながら、我が制度を抹殺する企図を明白にした以上、核兵器庫を増やす政策を取る」「既にブッシュ政権の圧殺政策に対抗して、核拡散防止条約(NPT)から脱退し、自衛のための核兵器を製造した。我々の核兵器は、あくまでも自衛的核抑止力として残るであろう」と明言した。
 声明はさらに日本にも言及し、「米国に追従してわが国に対する敵視政策に執着している」と批判。「ニセ遺骨問題までねつ造しながら、平壌宣言を白紙に戻し、国交正常化をしないという日本と、どうして一堂に会して会談できるのか」と6カ国協議からの日本排除を求めた。
(毎日新聞)
[PR]
by ulutimagold | 2005-02-11 07:10