国際外交を中心にお届けする。


by ulutimagold
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 5 )

北朝鮮 核保有

【ソウル堀信一郎】北朝鮮外務省は10日、核問題を巡る6カ国協議への参加を「無期限中断する」との声明を発表した。声明は米国の敵視政策に対抗するため「自衛のために核兵器を製造した」とも明言した。これで昨年6月の第3回会合以降、中断している6カ国協議の早期再開が難しい情勢になったが、2期目がスタートしたばかりのブッシュ米政権揺さぶりを狙った北朝鮮の外交戦術との見方も出ている。
 朝鮮通信(東京)が、北朝鮮の朝鮮中央通信や朝鮮中央放送の報道として伝えた。
 北朝鮮はこれまでも「核抑止力」などの表現で核兵器保有に言及してきたが、「核兵器製造」という直接的な表現を使ったのは初めて。ただ、ライス米国務長官は10日、訪問先のルクセンブルクで「米国は北朝鮮が数個の核兵器を保有している可能性を指摘してきた」と述べ、冷静に受け止める姿勢を示した。
 声明は6カ国協議参加の無期限中断を決めた理由として、ブッシュ大統領の就任演説や一般教書演説、ライス国務長官の公聴会証言を挙げ、「我々とは絶対に共存しないということを政策化した。彼ら(米国)は『圧政の終息』を最終目標と宣布して、我が国も『圧政の拠点』と規定し、必要なら武力使用も排除しないという暴言を吐いた」と非難した。さらに「結局、第2期ブッシュ政権の本心は、第1期の時の北朝鮮孤立、圧殺政策をそのまま踏襲し、さらに強化することである」と決めつけた。
 その上で「米国が、敵視政策を撤回せよという我々の要求に背を向け、我々を敵視した揚げ句、圧政政権と名指ししながら全面否定した状況で、米国と会談する名分さえなくなり、これ以上、6カ国協議に参加できなくなった」と主張した。
 また、核開発について「米国が核のこん棒を振り回しながら、我が制度を抹殺する企図を明白にした以上、核兵器庫を増やす政策を取る」「既にブッシュ政権の圧殺政策に対抗して、核拡散防止条約(NPT)から脱退し、自衛のための核兵器を製造した。我々の核兵器は、あくまでも自衛的核抑止力として残るであろう」と明言した。
 声明はさらに日本にも言及し、「米国に追従してわが国に対する敵視政策に執着している」と批判。「ニセ遺骨問題までねつ造しながら、平壌宣言を白紙に戻し、国交正常化をしないという日本と、どうして一堂に会して会談できるのか」と6カ国協議からの日本排除を求めた。
(毎日新聞)
[PR]
by ulutimagold | 2005-02-11 07:10

台湾新幹線 試運転

日本の新幹線システムが海外で初めて採用された台湾版新幹線「台湾高速鉄道」の試運転が27日、台湾南部の台南―高雄間(約60キロ・メートル)で行われた。

 新幹線は、台湾の南北の2大都市、台北―高雄間(345キロ・メートル)を最高時速300キロ、最短1時間半で結ぶ。事業会社の「台湾高速鉄路(台湾高鉄)」は、今年10月末の開業を目指している。

 白地に黒とオレンジのラインが入った流線型の車両「700T型」は、東海道・山陽新幹線「のぞみ」の「700系」をベースに川崎重工業などが開発した。この日の試運転は、時速約30キロの低速で行われ、無事終了したが、今後、少しずつ速度を上げ、6月末には時速300キロで試験走行する予定だ。

 総事業費は約1兆6000億円。車両や信号など中核システムは三菱重工、東芝などの日本企業連合が受注。台南県にほぼ完成した新幹線駅で行われた記念式典には、葉菊蘭・行政院副院長(副首相に相当)や日本の大手企業首脳らが参加した。林陵三・交通部長(交通相)は、「試運転は、日本の新幹線車両が初めて海外で走る歴史的なできごとだ」と述べた。ただ、試運転開始は、昨年秋の予定だったが、送電の遅れなどから先送りとなり、台湾では10月末の開業を危ぶむ見方が強まっている。)(yomiuri news)


日本の技術が世界最高であると改めて思いました。
これからも、たくさんの受注ができるといいですね。
[PR]
by ulutimagold | 2005-01-29 09:32

Googleの戦略

Googleは、世界中に張りめぐらせた光ファイバネットワークを構築しようとしているのだろうか。もしそうだとすれば、その理由は何なのか。

 先ごろGoogleのウェブサイトに掲載されたある人材募集から、このような疑問が浮上している。

 この人材募集ページには、「Googleでは現在、グローバルバックボーンネットワークを開発する作業の一環として、ダークファイバの評価、選定、契約交渉に関わった経験のある人を募集しています」と記載されている。

 ダークファイバとは、敷設されていながら使用されていない光ファイバのこと。米国内だけでも相当量のダークファイバが存在するが、オペレーションコストが高くつくことから、未使用のまま放置されているケースが多い。

 Googleの広報担当者は、この人材募集に関するコメントを控えている。だが、この人材募集からは、同社が通信事業に参入する準備を進めているのではないかといった大胆な予測をすることができる。このニュースの第一報を報じたのは、光ファイバ業界の情報を扱うウェブサイトのLight Readingだった。

 独自の光ファイバネットワークを世界中、あるいは米国中に張りめぐらそうと思ったら、数十億ドルものコストや数年の歳月がかかるものと思われる。企業の需要を考えても、投資費用を回収できるかは疑わしい。その点、通信事業者から敷設済みのファイバを借りて利用すれば、費用が安くつく。

 Googleは、複数の低価格サーバをクラスタ化して大量の処理を実行するインフラを構築するなど、コンピュータ技術に関して先見の明があると広く賞賛されている。その一方で、提供されているサービスのわりには、同社の保有するコンピュータ資源があまりに膨大だと指摘する声もあった。

 ここのところ、いくつかのダークファイバプロジェクトが本格的に稼動し始めている。その多くは、企業、大学、医薬施設などが集まって結成する業界団体と協力する形で進められており、なかには政府の大規模な支援を受けているものもある。有名な例として、Internet2の研究者らも参加するNational LambdaRailのプロジェクトが挙げられる。
(CNET Networks)
これは面白いことになりそう、さすがは、google
[PR]
by ulutimagold | 2005-01-18 19:58
米USAツデー紙とCNNテレビが17日発表したギャラップ社との共同世論調査によると、イラクへの米軍派兵は間違いだったとの回答が52%に上った。

 イラク戦争開戦時(2003年3月)の23%、昨年初めの42%に比べ大幅に増え、イラクでの米兵の犠牲者が絶えないことなどから派兵を疑問視する声が高まっていることをうかがわせている。

 また今月30日にイラクで国民議会選挙が実施された場合でも、米軍撤退までには数年かかるとの回答が43%、予測がつかないほど長期にわたるとしたのが38%に上り、米軍の早期撤退には悲観的な見通しが強いことがわかった。
(読売新聞)

このブログをごらんのみなさんは、ブッシュのイラク派遣についてどうおもいますか。
私は、華氏911 911の真実を知って。怒りを隠せません。すべて、ブッシュとウサマビンラディンの陰謀です。よ。
もちろん派遣は反対。おかしいですよ。
[PR]
by ulutimagold | 2005-01-18 18:20

小泉内閣

阪神大震災やイラク戦争などで親を失った各国の9歳から18歳までの遺児21人が12日、小泉純一郎首相を首相官邸に表敬訪問した。首相は子供たちと握手し「非常に悲しい、苦しいことがあったが元気を出して頑張りましょう」と励ました。参加者は15日には神戸を訪れ、大震災10年の各追悼行事に参加する予定。
[PR]
by ulutimagold | 2005-01-16 16:21